台風20号と台風21号W台風!進路予想と今後の天気/最新情報

日本列島に甚大な被害をおよぼした台風19号の被害のニュースが続く中、台風20号、そして台風21号が発生しています。
台風20号と21号の現在の状況と今後の進路、天気の予想をお伝えします!

台風20号現在の状況

台風20号が当初の予想よりも発達している状況です。最初の予想ではすぐに熱帯低気圧に変わるとの予想が、強い台風となっています。

 

現在、沖縄県那覇市の南270キロにあり、時速15キロでゆっくりと北上しています。22日の21時には西日本の南海上の位置で温帯低気圧に変わる予想となっています。

台風21号現在の状況

台風21号はトラック諸島海上にあり時速20キロで西北西に進んでいます。このまま発達を続けながら北上を続けて24日(木曜)には小笠原諸島に接近します。

小笠原に非常に強い勢力で近づく予想ですので十分な注意が必要です。その後さらに北上を続けて金曜日以降本州に近づくおそれもあるようです。

今後の台風の影響と天気

台風20号はすでに沖縄の一部で強風域に入っている模様です。沖縄や奄美では今後強風や高波、急な強い雨と大雨による土砂災害、浸水に十分に気を付けてください。

今後、台風20号は沖縄奄へ接近した後も北上し、それにともなって台風周辺にある湿った空気が流れ込むでしょう。

●今後の天気

21日未明にもっとも沖縄に接近し、昼過ぎにかけて強風になる予想です。転倒する人も出るほどの強風が吹くので十分に気を付けてください。

また、風だけでなく沖縄本島で、多いところでは1時間に40ミリ、大東島では1時間に30ミリのとても激しい雨が降る予想となっており、沖縄では警報が出されるほどの大雨になる恐れがあります。

22日(火曜)午前9時に沖縄をすぎるあたりで低気圧に変わる見込みですが、前線がかかる東海や関東は丸一日大雨となる予想です。

23日(水曜)以降は九州から北海道にかけて曇りとなります。24日(木曜)以降は本州を中心として雨雲がかかる可能性があるようです。

引用:日本気象協会HPより

コメント