即位の礼、昭恵夫人のドレスのブランドとデザイナーは誰?

10月23日に執り行われた即位の礼で、安倍昭恵夫人が着ていたドレスがドレスコード違反ではないか?との話題もちきりです。他の出席者はみなロングスカートなのに、いいのか?との意見が多くなっているようです。

実際、ドレスコードとしてはどうなのか?そして今回のドレスのデザイナーの名前と金額などをお伝えします。

即位の礼でのドレスコード

正式に定められている即位の礼でのドレスコードをみてみましょう。

服装 男子 燕尾服、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの(モーニングコートも可) 女子 ロングドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの 勲章着用

引用:首相官邸HPより

昭恵夫人のドレスは結果としてドレスコード違反ではないようです。

ドレスのデザイナーは誰?

今回のドレスは継枝幸枝さんという方です。

TVのインタビューで継枝幸枝さんは、昭恵夫人とは2年位前からのお付き合いと答え、このドレスは2019年7月8日に行われた南アフリカ会議に合わせて作ったとインタビューに答えていました。

これだけ話題になっているのも知らなかったと。でも、話題になるということはそれだけセンスがあるということだからいいことではないかと答えていました。

 

継枝幸枝さんとはどのような服を作るのでしょうか?

継枝幸恵さんのHPによると、個人オーダーが中心で、コスチューム、ユニフォームなどにも応じるということです。企業トップからの支持も厚いようです。また、講演などもされています。ドレスの価格は15万円~です。


引用:株式会社継枝幸恵HPより

昭恵夫人のドレスに対する世間の声

それでは、昭恵夫人のドレスに対して世間ではどのような意見か見てみましょう。

 

デザイナーのドン小西さんは今回の昭恵夫人のドレスについて、

「普通なら一度着たこのドレスは選ばない。作る時間もお金も十分にあったのだから。でも、昭恵夫人は特別な人ではなく、平民として見られたいという気持ちが強かったのではないか。そして、今回の足を出すドレスにしたのは元々足に自信があるようだからではないか」とコメントしています。

 

 

様々な意見があるようですが、あまり受け入れられている意見は見られませんでした。

まとめ

●今回のドレスは、オートクチュールのデザイナー継枝幸枝さんの作品で、2年ほど前から昭恵夫人のデザインを手掛けている。

●このドレスはドレスコードに沿っている。

●昭恵夫人は周りに合わせるというよりは自分がよい、似合うと思う個性的なデザインが好き。

 

今回、話題になった昭恵夫人のドレスですが、今後どんな素敵なファッションを見せてくれるのか楽しみですね。

コメント