【首里城の出火原因】放火の可能性は?犯人と不審火の目撃情報は

世界遺産の首里城が火災で全焼してしまいました!
発見された状況は、10月31日午前2時30分頃、首里城の警備員が正殿から黒煙が上がっているのを発見して119番に通報したようです。

首里城は沖縄の県民にとって聖地といえる場所。それだけに沖縄の人たちの悲しみは計り知れないものがあります。

首里城は今から500年以上前に建てられました。戦前に3度消失してしまい、再建後正殿は国宝に指定されましたが、太平洋戦争の沖縄戦で再び焼失してしまいました。そして1992年に正殿が復元され、2000年には世界遺産に登録されました。

今回の首里城火災の出火原因は一体何なのでしょうか?現在、わかっている状況と原因などをお伝えします。

首里城火災、現在の被害状況

出典:KYODO NEWSより

 

10月31日未明に起きた首里城の火災は午後1時、11時間後にやっと消し止められました。

ほぼ全焼の首里城は4200㎡、正殿、北殿、南殿、奉神門、鎖之間(、黄金御殿、二階御殿が焼け落ちてしまいました。

正殿などには消火設備として、放水機器がありましたが室内にスプリンクラーはなかったということです。消防が到着しても、燃え上がる火災の熱が非常に強かったため現場に近寄れずその間に風で燃え広がった模様です。

 

出火原因は放火?犯人が告白?!

正殿の内部北側からの出火とみられていますが、出火の原因についてまだわかっていません。ネットなどでは様々な情報が飛び交っています。イベントの準備で出火、放火、自然発火など様々な憶測が流れているようです。

その中で、あるYouTuberが自分が放火したと動画をアップしました。

「さきほどニュース入ったと思うんですけど、沖縄の首里城が火災になったということで、それを実際にやってしまったのが僕ですね。本当に申し訳ないです。僕の不注意で。タバコを吸ったんですけど、それが近くの森に移って、それがさらに首里城に移ってみたいな感じで。大事な建造物、首里城を燃やしてしまった。本当に申し訳ないなと思います。急いで消火活動を手伝ってきて、今休憩中なんですけど、今でも消火活動が続いているということで、また一緒に協力して、消火活動引き続きやっていきたいです。ご迷惑をかけたみなさま大変申し訳ございません。本当に僕のひとつの行動がこういうことになってしまって本当に大変申し訳ございませんでした。以後、本当に気を付けます」

出典:YouTube 近藤チャンネルより

 

とその動画で語っていました。

現在はその動画は削除されています。
そして、そのコメントには「そこまでして有名になりたいのか」「Youtubeではなく警察に行くべき」「不謹慎すぎる‼」と非難のコメントが相次いでいます。

この告白については続報がありません。全くの嘘だとすれば不謹慎で許されるものではありません。

 

不審火の目撃情報

県警那覇署は、不審者の目撃情報がなく、放火などの事件性は低いとの見方をしているようです。
10月27日から11月3日まで「首里城祭」を開催していたのですが、広報担当者の話では職員などが31日未明までの作業で火気を使うことはなかったとのことです。

 

他の可能性は?

他の可能性として専門家の間で言われているのは、「電気火災」です。

警備員が火災に気が付いてから燃え広がる時間が早すぎるので、壁の中や天井裏など人がいない空間ですでに火の手が上がっていたのではないかという説です。電気の過剰使用により電線や電線の接続部が熱くなり、出火した可能性も考えられるといいます。

また、警察の発表ではないようですが、首里城の近辺で焚火をしていた人の目撃情報もあります。

 

11月1日午前10時から那覇署、消防庁職員と合同で火災原因の調査をすると発表がありました。
この調査で何とか原因が明らかになってほしいですね。

そして、一日も早く沖縄県民のシンボル「首里城」が再建されることを祈ります!

コメント