Twitter休眠アカウントを削除!凍結垢と故人はどうなる?

Twitterが6カ月以上ログインしていない休眠アカウントの削除の行うと発表して大変な混乱を招くことになってしまいました!

故人の生きていた証の休眠アカウントも削除されるのか?!と騒動となってしまったのです。

結果、Twitterは再び追悼アカウント機能を追加するとの発表しました。

Twitterの対応に準備不足と言わざる負えない今回のニュースについて今後どう対処したらよいかをご紹介します!

休眠アカウントを削除とは?

今回Twitterが行おうとしていたのは、6カ月以上運営していないアカウントを一掃するということです。しかし、その発表から削除の期日までがたった2週間しか猶予がなかったことが今回の火種となってしまいました。

有識者の意見では、Twitter側の焦りのようなものを感じると言います。

削除を避けたい休眠アカウントがある場合は、次回の発表後期日までのログインをお勧めします。

故人の休眠アカウントも?

 

故人の休眠アカウントも削除対象として、今回の混乱を招いてしまいました。

TwitterもFacebookのように、追悼アカウントの機能を追加するとのことなので、削除は避けられるようです。

ほっとしている利用者は多くいると思われます。

アカウントを復活させるには

削除されたアカウントは30日以内であれば、ログインすることで復活させることができます。

詳しくはTwitterのヘルプセンターへTwitter ヘルプセンター

凍結されたアカウントを復活できる場合があります。

詳しくはTwitterのヘルプセンター

また、故人のアカウントについてですが、故人のアカウントは追悼アカウントなどで対応できるように機能追加するとのことです。また機能追加の際には、こちらへ追記します!

スポンサーリンク
社会
takumin19をフォローする
TAKUMI STAR

コメント