梅宮辰夫の映画やドラマなど過去の出演作!芸能人のコメントも

映画「仁義なき戦い」シリーズや数多くのドラマ、後年ではバラエティ番組でも数多く出演されていた梅宮辰夫さんが12日12日、慢性腎不全のため神奈川県内の病院でその生涯を閉じられました。

81歳でした。

 

ある程度の年代の人は出演された映画やドラマも知っていると思いますが、若い年代の人はロバートの秋山さんのネタでしか知らないという人も多いのではないでしょうか?

それでは梅宮辰夫さんの簡単な経歴と、過去に出演された映画やドラマの紹介、そして芸能界からの梅宮辰夫さんを偲ぶ声をお伝えします!

梅宮辰夫さんの経歴

 

梅宮辰夫さんは日大法学部在学中のとき、銀座でスカウトをされて芸能界へ入りました。

1958年に東映ニューフェイス5期生に選ばれ、翌年に映画「少年探偵団」シリーズで主役でデビュー。その後、アクション映画や仁侠映画を数多く演じ、私生活に近い役ということで「夜の青春シリーズ」や「不良番長シリーズ」がはまり役で人気となります。

 

1972年に個人事務所「梅宮企画」が倒産し、多額の借金を背負うことになりますが、同じ年にクラウディア夫人と結婚

その後長女アンナさんが誕生したのを機に翌年から「仁義なき戦い」シリーズで更に存在感をますこととなりました。

 

1975年には「前略おふくろ様」に出演、その後「スクール☆ウォーズ」、「はぐれ刑事純情派」、「特命係長 只野仁」などのドラマで名わき役を演じました。

また、実業家でもあり美食家であり、料理の才能も知られていて、「梅宮辰夫の漬物本舗」や「梅宮辰夫の炭焼き家 炎園」の経営者としても成功しました。

 

芸能界では松方弘樹さんと仲が良く、度々一緒にテレビ出演をしていました。

また、「スクール☆ウォーズ」で夫婦役をした和田アキ子さんとは「あんちゃん」「アッコ」と呼び合う仲でした。

俳優の高橋克典さんは遠縁の親戚にあたります。

 

また、長女アンナさんと羽賀研二さんとの交際の際には大反対し、この三人の関係はワイドショーで多く取り上げられ話題となりました。

 

梅宮さんが30代後半に睾丸(こうがん)がんにかかってからいままで6回もガンにかかり、2016年には十二指腸乳頭がん、昨年9月には前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けていました。

昨年からは更に人工透析を始め、週3度の透析を受けていたといいます。

今朝体調が急変し、神奈川県の病院で慢性腎不全で亡くなりました。長女アンナさんが病院に到着して間もなく息を引き取ったということです。

梅宮辰夫さん過去の出演作

 

◆梅宮辰夫さんの主な出演映画

 

1959年 少年探偵団 敵は原子潜航艇

1959 – 1960年 拳銃を磨く男シリーズ

1960年 大いなる旅路
不死身の男
海底の挑戦者 (1960年、東映)
第三次世界大戦 四十一時間の恐怖

1962年 誇り高き挑戦
太平洋のGメン
暗黒街最後の日
ギャング対Gメン

1963年 人生劇場 飛車角
第八空挺部隊 壮烈鬼隊長 (1963年、東映)
昭和侠客伝(1963年、東映)

1965年 夜の青春シリーズ
昭和残侠伝

1967年 侠客の掟
網走番外地 吹雪

1968 – 1972年 不良番長シリーズ

1968 – 1974年 夜の歌謡シリーズ

1970 – 1972年 帝王シリーズ

1972年 夜のならず物
女番長ブルース 牝蜂の挑戦 (1972年、東映)

1973年 仁義なき戦い
仁義なき戦い 代理戦争

1974年 仁義なき戦い 頂上作戦

1973年 やくざ対Gメン
実録 私設銀座警察
実録安藤組 襲撃篇

1974年 あゝ決戦航空隊
任侠花一輪 (1974年、東映)

1975年 日本暴力列島 京阪神殺しの軍団

1976年 沖縄やくざ戦争
やくざの墓場 くちなしの花
トラック野郎・望郷一番星

1977年 青春の門 自立篇

1978年 野性の証明

1979年 真田幸村の謀略
悪魔が来りて笛を吹く

1980年 不良少年
ミスターどん兵衛

1981年 ダンプ渡り鳥

1982年 鬼龍院花子の生涯
大日本帝国

1983年 卍
小説吉田学校

1985年 カポネ大いに泣く
パンツの穴 花柄畑でインプット

1986年 化身

1988年 ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭

1989年 はぐれ刑事純情派

1991年 首領になった男

1992年 継承盃

2002年 修羅の群れ

2008年 特命係長 只野仁 最後の劇場版

2011年 明日泣く

 

◆出演テレビドラマ

 

1964年 – 1966年 NHK 虹の設計

1964年 – 1965年 日本テレビ 家族会議

1969年フジテレビ あゝ忠臣蔵

1975年 – 1976年 日本テレビ 前略おふくろ様

1977年 TBS 新・夜明けの刑事

1977年 – 1979年 TBS 明日の刑事

1978年 テレビ朝日 江戸プロフェッショナル・必殺商売人

1980年 日本テレビ 大激闘マッドポリス’80
日本テレビ 俺たちの明日〜坂本竜馬、中岡慎太郎!!幕末に散った壮絶な青春〜」
日本テレビ 特命刑事

1981年 テレビ朝日 警視庁殺人課

1984年 日本テレビ 風の中のあいつ

1984年10月 – 1985年4月 スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜

1986年 – 1987年 フジテレビ このこ誰の子?

1988年4月 – 2009年 テレビ朝日 はぐれ刑事純情派

1990年 TBS びんた

1990年9月 – 1991年1月 TBS スクールウォーズ2

1991年10月 – 1992年4月 テレビ朝日 ララバイ刑事

1992年 フジテレビ ボクたちのドラマシリーズ 放課後

1994年 TBS カミング・ホーム

2007年 フジテレビ 拝啓、父上様

2019年 テレビ朝日 やすらぎの刻〜道

また、フジテレビのくいしん坊!万才では、6代目レポーターをつとめました。

芸能人のコメント

 

芸能界からも梅宮辰夫さんを偲ぶ声が聞かれます。

梅宮さんの体ものまねのロバート秋山さんは

 

「とうとう別れが来てしまい悲しいです。偉大すぎる存在でした。感謝しても感謝しても全くもって足りません」

とコメントを発表。

 

歌手で俳優の小林旭さん

梅宮とは、何度か共演した仲で兄弟のようなつきあいをしていた。昭和の昔の話し相手が、また一人いなくなったのは寂しい。

というコメントを出しました。

 

俳優の山下真司さんは

昭和の大スターは面倒見がよく、稀代の大食漢、そして酒も強かった。そんな豪快な梅宮さんが逝ってしまった。最後まで最強のオヤジだった。御冥福をお祈りします。

とコメントしています。

 

タレントの大桃美代子さんは自身のブログで、

梅宮辰夫さんの訃報にふれ、昭和の銀幕スターがまた一人、旅だった寂しさを感じます。

役者から、お得意の料理をテレビで見せて、男子厨房に入らず、、、の壁を取り壊した人でもありました。

男の料理の豪快さを見せつつ、国際結婚、家庭の役割分担など、ジェンダーを超える人生だったのではないでしょうか?

男らしさ、女らしさ、らしからぬ事が仕事になり、人生になるのを見せてくれた方と思います。

常に挑戦。ご病気との事も、、、。多才で、挑戦し続ける人生の勇気を与えてくれた方。ゆっくり休んでください。
ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

 

医師の高須克弥さんはTwitterで

 

心の支えだったのに残念です。南無阿弥陀仏

 

タレントのダンカンさんは自身のブログで

いろいろと仕事でお世話になったなぁ〜安らかにお眠り下さい。 合掌

 

タレントの桑野信義さんは

昔バラエティ番組で何度もご一緒させてもらいました。とても優しい方でした。
ご冥福をお祈りいたします
合掌

 

俳優でタレントの石坂浩二さんは、

2カ月程前が『やすらぎの刻』の梅宮さんオールアップの日でした。
梅宮さんは、私(栄)の父親の亡霊の役でした。お体の調子はあまりすぐれずつらそうに見えました。

撮り終わり『セリフをやっと覚えただけで芝居をやれなかった。これじゃダメダ。ワルカッタ…』。口惜しそうでした。

何もしてあげられず…ただ悲しくつらいばかりです。梅宮さん 立派に芝居になってました!!

 

俳優の千葉真一さんは、

辰ちゃんが亡くなったと聞いて、とても残念です。もっと長く生きて一緒に日本の映画業界についてもっと語り合いたかったです。ご冥福をお祈り申し上げます。

とのコメントです。

和田アキ子さんは、

スクールウォーズで夫婦役をやった時からずっと可愛がっていただいて、私はアンちゃんって呼ばせてもらっていました。

撮影現場では、アンちゃんがお弁当を何度も作ってきてくれて、それがとても楽しみだったことを覚えています。

アンちゃんの松濤のお家にも何回も遊びにいったなぁ。アンちゃんは、山城新伍さんと仲が良くて、私も新伍ちゃんと仲良しだったので、三人で沢山飲みに行きました。

あの頃いつも遊んでくれた新伍ちゃんも力也もアンちゃんも、みんな亡くなっちゃって、、、また電話番号消すのが辛いです、、心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

タレントの山田邦子さんもブログで

たくさんの病気と闘い最後まで、海を愛しかっこよかったです。

釣りもお仕事も一緒にいっぱいやりました。お料理も教えていただきました。ありがとうございました。

最後は、大好きなご家族に囲まれて………おつかれ様でした。

 

俳優の坂上忍さんはMCを務めるTBS「バイキング」で

共演回数はそんなにないんです。

ただ京都の撮影所とか東京の大映の撮影所とか行ってお会いする機会とか、銀座でお会いする機会とか、そういう時はいくらでもおごってくれ、その代わり酒もめちゃくちゃ飲まされるわけですよ。

でも本当に昭和のスターさん。

と語りました。

 

女優の高木美保さんは梅宮さんの闘病中会った時のことを

その時、『いや~しんどいよ!』っておっしゃりながらも、素敵な梅宮さんだった。
揺るがないというか。大丈夫なのか?と思っていた。

とコメントしました。

 

「とくダネ!」の小倉智昭さんは番組内で

もともと腎臓が悪いというお話は聞いていたんですが、まさかこんなに早く訃報を伝えられるとは思ってもおりませんでした。

芸能人が商売をやるというのも走りだった。バイタリティーがある方だった。

と生前を振り返りコメントしました。

 

日本テレビ「スッキリ」の加藤浩次さんは番組で

今まで梅宮さん、何度かがんの手術をされてきて、乗り越えてきて、そして、テレビに復帰してというのを何度も繰り返されてきたんですけど…残念ですね。

(梅宮さんがゲスト出演したときに)僕がちょっと、やんちゃなことを僕が言っても、なんだ加藤、とか言いながら優しくね、
終わった後、すみませんでしたって話しても、いいよいいよ好きにやれよって言ってくれて
懐の大きい方だなというイメージあったんですけど。

と追悼しました。

 

「ヨッコ」「梅ちゃん」と呼び合う仲だったという女優の三田佳子さんは

嗚呼、梅宮辰夫さんが…転居先の真鶴でママと3人で美味しい魚を食べたかったわね。一昨年、『美味しい寿司を食べに行こうよ』と誘ってくださり、ママも交えた、ゆったりとしたひとときが忘れられません。『ヨッコも俺も、未だに現役で仕事しているって、凄い事だよ』。

『今度、必ず真鶴に遊びに行くからね』と約束しながら、果たせなかった事が、心苦しくて、つらくて…。またひとり、大切な仲間が先に逝ってしまった。寂しいよ。梅ちゃん。どうぞ安らかにお眠りください。

とコメント。

 

昭和の大スター年配から若い人まで幅広く愛された梅宮辰夫さん。

こちらでは代表的な出演作だけをお伝えしましたが、本当に沢山の作品に出演された名優でした。

 

機会があれば是非、梅宮辰夫さんの過去の作品を見て昭和を感じてください!

コメント