9月入学になる?入試のメリットとデメリット!反対多い理由はなぜ

新型コロナの影響を受け、どの学校も本格的な授業開始ができずリモートの授業が行われています。

そのため一部知事から9月入学延期の声があがり、今、様々な場所で多くの人に議論されています。

今話題の「9月入学制度」への転換ですが、実は9月入社は以前より議論されてきた背景がありました。

以前から、先進国の多くは9月入学なので留学に支障が出るという声が多く聞かれ、また国際化を考え統一すべきだという意見もありました。

確かに、例えば大学3年生が留学しようとなると、3月~8月までの半年間は大学に通わないことになります。

それでは、今回は国でも積極的に議論をし夏までに確定する方針の、9月入学になればどのようなメリットデメリット、ほかにどのような影響があるのかについてお伝えします!

9月入学になったら入試はどうなる

現在、センター試験は1月に、入試は2月~3月に行われています。

これが9月入学になった場合、センター試験は7月、入試は8月ごろでしょう。

ただ、来年東京オリンピックが開催されるとすると、多少前倒しになる可能性があります。

入試はセンター試験(来年から共通テスト)と切っても切り離せない関係にありますが、本来ならセンター試験の問題は夏ごろまでに専門委員会で協議し秋ごろには印刷まで終えている状態にあります。

ただ新型コロナの感染拡大による在宅勤務の影響で、協議が進んでいない様子です。

オンラインでの話し合いも慣れず、専門委員会にとってはやきもきしている状況であると考えられます。

8月ごろに入試を移動させるメリットとしては、十分時間があるので慌てずに入試問題を作成できること、9月に授業を開始し十分な勉学時間が取れるということがあげられます。

ただ、デメリットとしては下記にあるように様々な障害があります。

9月入学のメリットとデメリットは?

◆メリット

①学力保障

9月から3月まで、通常1年かけて進める教科書を半年で進めるのは無理があるでしょう。

そのため9月入学にすると学力を十分つけさせることができます。

②国際基準にもとづく。

前述のように諸外国の入学式は9月です。

これまで留学生にとっては不便が多く、「ギャップイヤー」と言い、問題となっていました。

9月入学にすると外国から優秀な学生を留学に呼び込む効果も期待できます。

③子供の安全を守る

 

 

◆デメリット

①通常通りの入試スケジュールで動いている学生、学校、塾に混乱が予測されています。

②家庭の金銭的負担

③8月まで学生の自宅待機となると金銭的負担と、心理的負担が予想されます。

現に家庭内暴力の相談もたいへん増えているようです。

④待機児童の急増

来年小学校に入学予定の児童が約100万人、5か月間待機児童になる可能性があります。

ただでさえ学童保育もパンパンな状態です。

待機児童になると家庭に更に経済的負担も生じてしまいます。

⑤企業の新卒採用

来年4月~8月まで新卒社員が不在の事態になってしまいます。

企業は数年単位の中長期戦略の中に新卒社員の人数も計画しています。

その間の人材確保はどのようにするのか混乱が生じる可能性があります。

⑥学年を分断する混乱

児童生徒の誕生日月を9月からにすると、現在の学年を分断することになり、これまで同期だっ

た児童生徒が分かれることになります。

小学生とはいえ、1歳差や学年が別というのは壁が高いものです。

それを一緒にしてしまうのは精神的ストレスにもなる可能性があります。

⑦学年年間計画の見直し

4月入学は日本の伝統で100年続いてきました。行事の時期や授業計画など大幅な見直しが求められます。

⑧法律の改正

学校教育法など。

⑨半年分の学費、生活費などの国からの補償が発生

⑩各自治体の条例、規則、通達の変更、システム改定

9月入学に反対が多い理由はなぜ?


ネットの
「9月入学制についてどう思うか」という緊急アンケートで、反対が約55%、賛成約41%という結果になりました。

特に10代以下では反対が77%に上っています。

このような声があるようです。

 

・これまでオンライン授業など、最善を尽くしてきた教育現場の努力が無駄になるのではないか

・夏に入試を行うと気温の問題が出てくる。

記録的暑さの時期に入試を行うと健康の問題で辞退をする受験生が出てくる可能性があります。

・学費の心配。半年分の学費を本当に国が保証できるのか

・コロナの第二波第三波が予想されるので、9月入学になったとしても正常にスタートできるのか

・第一にコロナのこの一過性の事態において、これまで100年続いてきた伝統をすべて変えていいものか

・小学1年生、中学1年生、高校1年生、大学1年生を9月入学にした場合、在校生は半年延長して在籍することになるため混乱が生じる可能性

最も影響を受けるのは日本の子供たちです。

留学を目指すほんの一部の学生や、優秀な人材を外国から取り寄せたいという大人たちの思惑に巻き込んでもよいのでしょうか。

現に大学では9月入学を始めているところもありますしそちらで事足りるのではないでしょうか。

わざわざ日本全部を変える必要はないのではないかという意見も根強くあります。

コメント