岡村隆史が失言でNHK「チコちゃん」降板?問題発言の今後は?

パーソナリティを努める深夜ラジオ番組で女性蔑視ともとれる問題発言をしたとして大バッシングを受け、世間を騒がせている人気お笑い芸人・ナインティナインの岡村隆史さん(49)ですが、その余波は別の出演番組などにも拡がっているようです。

署名運動まで巻き起こりましたが、NHKとしては現状で降板はないとの発表ですね。

それでは、今回は岡村隆史さんの問題発言の内容とNHK「チコちゃんに叱られる」の降板などNHKの発表についてお伝えします!

 

岡村隆史の問題発言の内容とは?失言とは?

 

問題発言は、4月23日の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で岡村隆史さんが言った発言でした。

「コロナが収束したら絶対おもしろいことある」「美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」「3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働きます」「その3カ月をぼくは信じて今頑張っています」

と言ってしまったことで、「女性軽視」とのことで多くの批判を浴びてしまったのです。

 

岡村さんは4月29日までに所属事務所である吉本興業を通しての謝罪コメントの発表と、

4月30日のオールナイトニッポンでも謝罪しましたが、収まるどころか

「チコちゃんに叱られる」の降板及び謝罪を求める署名活動」まで巻き起こすことになりました。

 

 

 

NHK「チコちゃん」の声明発表の内容!降板はある?

5月15日、岡村さんが出演しているNHKの人気テレビ番組「チコちゃんに叱られる!」で、番組の最後に岡村さんのラジオ番組での問題発言に対して、「番組からのおことわり」として、音声とテロップ表示両方でメッセージが表明されました。

今回の件について、他局にもかかわらずNHKにも視聴者からの厳しい意見や問い合わせが多数寄せられており、岡村さん自身もこの発言は不適切で、多くの人に不快な思いをさせたことを深く反省しているというものです。

一方、一部で囁かれていたような番組降板などの措置は取らず、今後も心から楽しめる番組を提供するよう努力する旨締めくくっています。

つまり、降板はない!ということになりますね。

 

この声明の背景としては、多くの視聴者から岡村さんの降板を求める声と、先ほどお伝えした署名運動が過熱していることから、何らかの対応を示す必要があると判断したものとみられます。

同局では、これも岡村さんが出演している大河ドラマでも同様に、視聴者からの厳しい声が寄せられています。

今後の動向は

今回のNHKの声明ですが、岡村さん本人が直接番組を通じての謝罪などは行っていません。

本人は問題発言の現場となったラジオ番組ではその後、複数回にわたって謝罪を繰り返し、相方である矢部浩之さん(48)も駆けつけて叱責と謝罪を行っていますが、世間の反応は様々のようです。

   

NHKの大河ドラマでは、偶然かもしれませんが既に岡村さんの出演シーンはほぼ終了しており、今後露出はない見込みです。

「チコちゃん」については、お茶の間で人気となった番組であり、家族が楽しみに観ている番組なので、世間の評価は非常に辛らつで繊細なものがありますが、本人も続投を強く願って同局に直訴したとの報道もあるようで、しばらくは続投で様子をみながら動向を注視するという状況にみえます。

 

今回は、

・ナイナイ岡村さんの問題発言でNHKが人気番組で異例のメッセージ

・本人は直接謝罪せず、世間の動向は微妙

・NHKは岡村さんを当面降板させず状況を注視

 

をお伝えしました。

     

人気お笑い芸人の岡村さんですが、今回の発言は世間に大きな動揺を与え、本人も相当ダメージを受けているようです。

NHKの「チコちゃん」は岡村さんのキャラがうまく発揮された人気番組だけに、何とか影響を最低限に抑えたい意図も感じられますが、今後しばらくは状況の推移を注目したいものです。

コメント