10代の流行語2020|ランキング一覧!1位は何?歴代も

先日、LINEリサーチから10代の流行語のランキングが発表されました。

ランキングはとても個性的で、今の若者らしさが出ていて面白いと思いました。

LINEリサーチのランキングの他にも、歴代、つまり2020年以前に流行した言葉もお伝えします

ランキングの1位に輝いた流行語は、一体何なのでしょうか?

 

10代の流行語、ランキング一覧!1位は何?

 

 

ではまず、LINEリサーチの発表した10代の流行語ランキングを見ていくことにしましょう!

ランキングにある言葉は11個で、今を生きる若者にとっては馴染みのある言葉が多いでしょう。

11位「レベチ」は、29.8%でした。

「レベルが違う」の略語です。

10位「〇〇み」は33.4%でした。

この言葉を明確に定義するならば、「〜という感じ、気持ちがする」とでもいうべきでしょうか。

「おもしろみ」「おかしみ」というような言葉はご存知ですよね。

そこから拡張して、「今日出かけたみある」(今日は出かけたい感じだ、そういう気持ちだ)というふうに使用されるようになったのでしょう。

 

9位は「エモい」で33.5%です。

エモーショナル(感情的)という単語を日本語に落とし込んだ言葉です。

面白い映画や優れた音楽、感動的なニュースなどを眼にした時に、「エモいなあ」と言ったりします。

心に訴えかけてくるものを眼にした時、ポジティブな意味合いで使います。

 

8位は「ぴえん」で、34.4%でした。

ちょっとした嬉しさや悲しさを表す時に使います。

語源は、漫画などで昔から見られた「ぴえーん」という泣き声からだと考えられます。

「教科書忘れた ぴえん」という風に使われます。

「🥺」という絵文字とセットで使われることが多く、最近ではこの絵文字自体が「ぴえん」と呼ばれるようになっています。

 

7位は「えぐいて」で、35.6%です。

「えぐいって」が縮まってできた言葉です。

「えぐい」という言葉のもともとの意味は、「喉を刺激するような味」のことです。

そこから転じて、「気味が悪い」とか、「つらい」「きつい」というような意味で使われるようになりました。

元々ネガティブな意味合いの強い言葉なのですが、最近ではポジティブな意味合いで使われることも増えています。

「アイドルの〇〇さん可愛すぎ…えぐい…」という風に使われることがあります。

ですが、ネガティブな意味合いで用いられる場合もあります。

痛ましい事件の内容を知った時に、「えぐいことをするなあ」という感じで使うでしょう。

ポジティブな意味とネガティブな意味が混在する言葉ですから、使う時は慎重に。

 

6位は「あっ・・・(察し)」、37.4%です。

何かを察した時に使われる言葉です。

与えられた情報から何かを感じ取ったけれど、あえて口には出さないという時に用いられます。

 

5位は「じわる」で37.8%です。

「じわじわと笑いがこみあげてくる」という意味です。

 

4位は「尊い」で、39.3%です。

元々の意味は「崇高で近寄りがたい」というような意味ですが、最近ではアイドルやアニメのキャラクターに対して使われることが増えています。

 

3位の「陽キャ・陰キャ」は55.8%と、4位と大きく差をつけています。

「陽キャ・陰キャ」は学校の生徒を分類する際に使われる言葉です。

「陽キャ」は、教室の中でも目立っている生徒のこと。

「陰キャ」はそうではない、目立たない生徒のことを指します。

 

2位は「詰んだ」という言葉で、56.4%です。

「どうしようもない、八方塞がりだ」というような意味合いで用いられます。

「数学の宿題やってないわ」「次の時間数学だぞ」「まじかよ!詰んだわー」というふうに使われています。

 

10代の流行語ランキング、栄えある第一位は

そして栄えある第1位は、「それなー」でした!

「それなー」は69.6%で、「詰んだ」とは13.5%もの開きがあります。

共感を表す言葉で、その使いやすさから多くの人々に利用されているようですね。

私も1位は何なのか考えていたのですが、納得の1位だと思います。

どういう使い方をするのか分からない方のために、例文を載せておきます。

 

「次の体育の授業、めっちゃだるいわー」「それなー」

「それなー」を更に省略して、「それ!」という言い方をする人もいます。

 

歴代の流行語は何があるの?

現在は上に挙げたような言葉が流行していますが、年代によって流行した言葉というのは様々です。

そんなわけで、歴代の流行語についても軽く触れておきます。

例えば50代男性の場合は、「ナウい」を挙げていますね。

「今風」という意味で昔は大いに流行したのですが、今はとんと眼にしませんね。

 

40代女性は「だっちゅーの」を挙げています。

『パイレーツ』という二人組ユニットの持ちネタですね。

時代によって流行した言葉が違うというのは、なんとも面白いですね。

歴代の流行語というのは、そのほとんどが現代ではついぞ聞くことのない、いわゆる「死語」となっています。

今流行している「それなー」とか「ぴえん」というような言葉も、いずれ忘れ去られる時がくるのでしょうか。

そして、年をとった今の若者たちが、子どもに対して「昔は『ぴえん』という言葉が…」なんて語っているのを想像すると、なんだか面白いです。

若者の方にとっては馴染みのある言葉も多かったでしょうが、これが30代、40代くらいの世代になってくると、頭に疑問符を浮かべる人も少なくないでしょう。

これからもどんどん新しい流行語が現れてくるでしょうが、一体、それはどんな言葉になるのでしょうか。

想像が膨らみますね。

コメント