阪神ボーアは打たないダメ外国人?不調の原因と二軍落ちの可能性

早くも阪神タイガースのジャスティン・ボーア選手に、外れ外人!というダメ評価が下
されています。

開幕カードの巨人との3連戦を終えて、12打席ノーヒットでした。

今回このページでは、阪神タイガースのジャスティン・ボーア選手の評価についてお伝えします。

阪神ジャスティン・ボーア選手が打たない!早くも外れ外国人!ダメ評価!

 

Twitterの反応は、ボロクソに酷評するところまではいっていません。

どちらかと言うと、印象としては「様子を見ようよ」という感じです。

何か文句をつけたい人は、メディアが春先に騒いだ「バースの再来」というワードに対して揶揄しているといった調子です。

 

ダルビッシュ投手が擁護?

シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手は、『開幕シリーズの結果だけで判断するのははやすぎるでしょ。違う国でいきなり結果なんかなかなかでないと思います。』とtweetしています。

阪神推しのデイリースポーツが見限った!

不思議なことに、阪神推しのデイリースポーツはジャスティン・ボーア選手を見限っていまう。

「ボーアを外して、大山選手と高山選手を使え!」という見出しで阪神の矢野監督を煽っています。

ファンの気持ちを代弁したつもりなのでしょうか。

評論家はどう見ているか?

伊勢孝夫さんの見解

伊勢孝夫さんは、ヤクルトコーチ2期目には野村克也監督の下で3度のリーグ優勝と2度の日本一を経験しています。

阪神タイガースにはわりと良い印象でコメントすることが多いです。

しかし!

ジャスティン・ボーア選手については、「これは時間がかかるやろうね」という評価です

「外角の球を逆方向に打つ意識を強く持たないと、いつまでたっても左投手は打てない」と指摘しています。

 

柏原純一さんの見解

柏原純一さんは、阪神タイガースでコーチを務めたことがあります。

ジャスティン・ボーア選手については、「『恥をかきたくない』という気持ちが見ていて伝わってくる」と打席内の印象をコメントしています。

「敵の捕手にもミエミエだね。」というほどです。

「スイング自体もどんどん小さくなってしまっている」と現状を分析してしいます。

阪神ジャスティン・ボーア選手!不調の原因はなぜ?

 

明確なのは、左投手を打てないこと、外角にくるボールを見極められていないことです。

左投手を打てないのは、メジャーに在籍しているころから「データ」ではっきりしています。

外角にくるボールを見極められていないことを最初にコメントしたのは、掛布雅之さんです。

それがニュースになった時に、巨人との開幕3連戦でした。

ジャイアンツバッテリーには、徹底的にやられていました。

ジャスティン・ボーア選手が外角にくるボールを見極められていないのは、野球経験者であれば誰でも分かることです。

左投手が外角に投げたボールに対して、ジャスティン・ボーア選手は完全に腰が引けてしまっています。

おそらく、すべての球団がジャイアンツバッテリーの真似をするでしょう。

阪神ジャスティン・ボーア選手!打率とその他の成績は?

3試合が終わった時点では、ジャスティン・ボーア選手の成績は以下の通りです。

12打席、12打数、0安打、併殺打1、三振2。

打球は、ファーストゴロとセカンドゴロが多いです。

元阪神タイガースのブラゼル氏の成功3か条とは?

ブラゼル氏は、阪神タイガースに在籍していた2010年に47本塁打をマークしています。

ジャスティン・ボーア選手と同じように、ブラゼル氏もまた「バースの再来」を背負わされた左バッターです。

そんな元阪神タイガースのブラゼル氏の成功3か条として、次のようにニュース記事で伝えられています。

(1)「自分を信じよう」
(2)「先人に聞こう」
(3)「浜風と仲良くしよう」

「自分を信じよう」というのは、メディアに振り回されるなという意味です。

ブラゼル氏の言い回しは、「阪神は非常に多くのメディアがフォローしていて、いろんな人がいろんなことを言ってくる。」と伝えられています。

「先人に聞こう」の先人とは、自分よりも先に来日して成功している選手のことです。

ブラゼル氏は、ラミレス選手(現在、横浜ベイスターズ監督)にアドバイスをもらったそうです。

「浜風と仲良くしよう」は、プロ野球ファンは誰もが知っていることです。

甲子園球場のライトスタンドへの打球は、浜風に押し戻されてしまいます。

ですから、左バッターでもレフトを目がけて打つことが甲子園球場の鉄則なのです。

ジャスティン・ボーア選手の二軍落ちの可能性は?

現在二軍にいるジェリー・サンズ選手の調子がよほど良い状態でない限りは、ジャスティン・ボーア選手の二軍落ちはないでしょう。

球団を一周り(5球団との対戦)するまでは、矢野監督は我慢するのではないでしょうか。

私の個人的な見解としては、ジャスティン・ボーア選手の打順は6番でいいと思っています。

ジャスティン・ボーア選手が左投手を苦手とするなら、予告先発で左投手のときは大山悠輔選手をスターティングさせるという形で問題ないでしょう。

球団のメンツも個人のメンツも関係なく、「勝利」にこだわるしかないでしょう。

もっと言うのであれば、阪神タイガースは1番バッターも2番バッターも打てていません。

とにかく攻めるほうも守るほうも勝ちパターンを見せられていないので、まずはチームとして1勝することが先決なのではないでしょうか。

コメント