東京都知事選挙2020|開票結果・当確・大勢判明はいつ?最新投票率も

本日、東京都知事選挙の投票が行われています。

今回は過去最多となる22人の候補者が立候補しており、小池都知事の2選となるかが注目されるところです。

 

期日前投票は、有権者の約15%の175万4,013人が行っており、前回と比べると約4万5,000人の増加となりました。

午後6時の最新投票率は33.74%で、前回2016年の都知事選挙の32.39%を下回った結果となっています。

20時現在で、小池百合子氏60%で当選確実となりました。(7月5日20時更新)

 

東京都知事選挙2020最新の投票率は?

 

◆午後5時最新の投票率

男  33.99%
女     33.51%
平均 33.74%  前回35.80%

前回を下回る結果となってしまいました。

東京都知事選挙2020開票結果はいつ?

 

午後8時に投票を締め切り、開票作業へと移るのですが、今年は密を避けた作業と手袋をはめての作業となるために、結果が出るまで長引くとされています。

東京都選挙管理委員会は各市区町村へ事前に回答を求めたところ、コロナ対策をした上で一番終了予定時刻が遅かったのは足立区の午前6時でした。

コロナ対策を講じなかった場合の通常終了時刻で一番遅かったのは日野市で、6日の午前2時との回答でした。

 

都内62市区町村のうち、37市区町村がコロナ対策の為に20分以上も開票確定時刻が長引くと回答しています。

 

前回2016年の開票結果が確定したのは午前1時5分だったので、コロナ対策での作業がかなりの負担となっているのがわかります。

投票所が小学校などを使っている場合、子供達への感染を心配する声が多く、消毒は手すりなど徹底してするといいます。

1800の投票所で集められた票は現場の担当者たちの手で朝までかかって集計されるのです。

より重みのある一票だと自覚しなければなりませんね。

東京都知事選挙2020当確・大勢判明はいつ?

 

開票速報はNHKの総合テレビで午後7時59分から放送し、ラジオ第一では午後7時55分からの放送予定となっています。

通常開票速報と共に当確が出るので、この時点(午後8時頃)で当確は判明すると思われます。

 

開票情報はNHKの特設ページで最新の情報を知ることができます!

当選・当確や最新の開票状況は、インターネットの特設ページでもお伝えします。

最新の情報はこちらから

 

コメント