髪が傷みにくい白髪染めの頻度は?50代の回数とおすすめのケアも!

50代の白髪染め頻度 ヘア

白髪の悩みはありませんか?
日本人の平均は35歳から生え始め、55歳で頭皮の半分が白髪になるというデータがあります。

当たり前のようにおこなっている「白髪染め」ですが、ジアミン・過酸化水素・アルカリ剤
などのアレルギーを引き起こす成分
が入っているのも事実です。


気になる白髪をどう対処しようかお考えの人に、白髪染めの頻度やカラー、家で染めるか
美容院へ行った方が良いのか?お悩み事をまとめましたので、参考にしてください。

ダメージを受けにくい白髪染めの頻度は

傷みにくい白髪染めの頻度

2か月に1回、全体を染めることをおすすめします。
白髪染めを頻繁に繰り返すと、頭皮と髪の毛にダメージを与えてしまう原因になるからです。
添加物も心配な白髪染め。リタッチなど様子を見ながらおこないましょう。

30代~50代のおすすめの白髪染めの頻度

白髪が出始め、増えてくるので、白髪も目立つ年代です。
2~3週間に1回、新しく生えてきた部分のみを染めるリタッチをしながら、全体は2か月に1回にするのをおすすめします。年代別に目安を見ていきましょう。

   年代          全頭     リタッチ
   30代   2カ月おき        全頭染色後1カ月後       
   40代   2カ月おき  全頭染色後2~3週間おき
   50代  2~3カ月おき  全頭染色後2~3週間おき
出典:MINEより

白髪染めの頻度を減らす方法【50代の場合】

白髪染めは、頭皮や髪の毛を傷め、薄毛や細毛の原因にもなります。
頭皮や髪の毛の健康を考えると、白髪染めの頻度をできるだけ減らしたいですね。

50代は髪の毛が細くなりがちです。白髪染めを繰り返すと髪の毛にダメージを与えやすくなります。どうすれば、少しでも白髪染めの頻度減らし、白髪を目立たなくして頭皮と髪の毛の健康を守れるか。方法を見つけて行きましょう。

白髪が目立たない工夫をする

黒い髪の毛の中に白髪は、とても主張され目立ちますよね。工夫次第では、目立ちにくい方法があります。まず、見た目のカラーで考えましょう。

50代では白髪が目立たないカラー・アッシュで染める

今、50代に人気のカラー「アッシュ」灰色という意味を持ちますが、毛染めの際は、このアッシュを入れることで、髪の毛本来の赤味や白髪の黄味が薄まり、グレーがかった透明感のあるカラーに仕上がります。ブラウンにアッシュをプラスした、ブラウンアッシュを始め、グリーン系のオリーブやミント。紫系のラベンダー、ベージュ系のやわらかいミルクティーなどカラーや組み合わせで雰囲気の変化を楽しむことができます。

白髪が目立ちにくいハイライトなら50代もOK

ベースのカラーより明るいカラーを部分的に入れ、立体感や透明感を出します。髪色が明るくなるので、お肌もトーンアップします。くすみが出てくるお肌にはうれしいですね!白髪が目立ちにくいだけでなく、細目・太目などハイライトの入れ方で、上品さやカジュアルさなど印象も変化させることができるので、ぜひ、試してみたい方法です。

白髪染めの頻度を減らす【30代・40代・50代】

白髪は気になるけれど、頭皮と髪の毛のダメージを避けたい。そんな白髪の出始める30代から40代、50代の人も白髪染めの頻度を減らす方法としてカラーを紹介しました。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

  • アッシュ
  • ハイライト

白髪が目立ちにくいヘアスタイルにする

白髪染めなどのカラーだけではなく、嫌な白髪を目立ちにくする方法として、ヘアスタイルも工夫してみましょう。気を付けるべき点は?

  • 分け目を目立たないようにする
  • 生え際を出さないようにする

分け目が目立たないように

分け目がはっきり分かれていると、どうしても白髪が悪目立ちしてしまいます。コームの先や指を使い、生え際からつむじに向かってジグザグに分け目をつくりましょう。白髪が目立たないうえに、根元がふんわりとするので、ボリュームアップしヘアスタイルも決まります。

生え際を出さない

生え際も、白髪よく目立つポイントです。厚めの前髪を作るのがおすすめです。また、前髪を厚く・長めにしたショートカットは白髪の目立ちにくい髪型です。

白髪染めの頻度を減らして白髪を隠すには

白髪染めの頻度を下げいろいろ工夫をしても、生えてくるのが白髪です。美容院へ行くまでにまだ日にちがあるなど「白髪隠し」をホームケアで行うことができます。

白髪隠しのホームケア
  • 白髪染めのトリートメントを使う
  • 白髪染のシャンプーを使う

白髪染めのトリートメントを使う

カラートリートメントを使って白髪染めをしてみましょう。

  1. 美容院と併用でカラートリートメントを使用する際は、根元に生えたところだけを染めるようにしましょう。
  2. カラートリートメントだけを使用する際は、最初の3日間は毎日の入浴時に使い、しっかり染まれば、週2~3回の使用でカラーがキープできます。
  3. ジアミンなどの添加物不使用で、無添加で栄養たっぷりのカラートリートメントを使う。

白髪染めのシャンプーを使う

毎日のシャンプーを白髪染めシャンプーに変えてみましょう。

  1. 髪の毛の表面を染めるものなので、頭皮に優しく髪の毛のダメージも軽減できる。
  2. 日常のシャンプーと同じ使い方なので、特別な時間や染め残りが少ない。
  3. 毎日使用し、しっかり染まれば、週1の回の使用で十分白髪が目立たなくなる。

白髪染めのトリートメントと白髪染めシャンプーは傷みにくい理由は?

白髪染めのトリートメントやシャンプーには、ジアミンなどアレルギーを引き起こす恐れのある添加物が入っていないので、頭皮や髪の毛を傷めません。美容成分が含まれるので、髪の毛に潤いを与えてくれます。

白髪染めのトリートメントやシャンプーはどんな人に向いているでしょうか?また、どのような商品を選べば良いでしょうか?

どんな人に向いてるの?

こんなお悩みをお持ちの人はぜひ、お試しください。

  • 白髪染めで頭皮や髪の毛が傷むのが嫌
  • 染めてもすぐに白髪が生える
  • 美容院で染めるのはお金がかかる

どのような白髪染めを選んだら良いか

白髪染めを選ぶ時のチェックポイントです♪
買う前に確認してみて下さいね。

  • ジアミンなどの添加物が入っていない安全なもの
  • 頭皮や髪の毛にやさしい天然由来成分が配合されているか
  • ドラッグストアやネットで手軽に買える
  • 口コミの良い商品を選ぶ

まとめ

気になる全頭の白髪染めの頻度は2カ月に1回、2~3週間で根元に生えた白髪はリタッチでカバーするのがおすすめでした。

美容院で白髪染めをするのは、添加物の心配がありました。無添加成分の白髪染めトリートメントやシャンプーなら安心して白髪を染めることが可能です!入浴時にできる手軽さ美容院で白髪染めをするよりコストが抑えられるので、ありがたいですね。

ホームケアをして、白髪悩みの無い毎日を過ごしましょう!

コメント