安全な市販のヘアカラーはある?地肌に優しい白髪染めのおすすめは?

カラートリートメント

自宅でヘアカラーをする人が増えていますが、市販では多くのヘアカラー製品があります。どのヘアカラーが本当に安全か迷っている人も多いのではないでしょうか。

市販で買えるヘアカラーの種類は?

1酸化染毛剤ヘアカラー
白髪染め
2塩基性染料
HC染料
ヘアカラートリートメント
ヘアマニキュア
カラーシャンプー
3ヘナヘナ

市販で買えるヘアカラーはこの3種類になります。

1のアルカリカラーと呼ばれるヘアカラーは、酸化染毛剤と呼ばれ、アルカリ剤で髪のキューティクルを開き、ジアミン系の酸化染料が髪の内部へ浸透します。
過酸化水素を混ぜることで発生する酸素がが髪のメラニン色素を脱色し、酸化染料の色が発色するという仕組みです。

2のカラートリートメントには、ジアミン系の酸化染料は含まれません
一部、ドラッグストアなどで市販されている、比較的安価な製品には含まれているものがあるようですが、通販などで買える質の良い製品には、ほぼ含まれていません。
ヘアカラートリートメントなどは、塩基性染料やHC染料と呼ばれる染料が使われており、髪の表面に付着することで染まります。

製品によっては、独自の成分を配合し、キューティクルの内部に少し入りやすくしたものや、熱に反応して染まりやすくなるものなどもあります。
カラートリートメント類は、地肌と毛髪には優しいのですが、酸化染毛剤を使ったヘアカラーと比べると、染まり方が弱く、色も髪を洗う毎に少しずつ取れていくというデメリットがあります。

ただ、何度も繰り返し使用しても地肌に付いても安全なので、毎日のシャンプー時に使えるという手軽さがメリットとしてあります。

3のヘナは、100%無添加のヘナを使えば安全で地肌にとても優しい染料ですが、その扱いはとても難しいです。
そして、ヘナで染めると染料がしっかりと内部に入って、他の染料で染めることができなくなります。
ヘナのメリットは安心安全ということに尽きますが、髪はパサパサになってきしんでしまいますし、好みの色に調合するのも難しいので扱いにくいんです。

選択肢として、ヘナはよほどの覚悟が無いとおすすめはできません。

この記事は毛髪の専門家である
毛髪診断士のTAKUMIが執筆しました

毛髪診断士証

安全な市販のヘアカラーで避けたい成分

安全なヘアカラーをするために、避けたいアレルギーを起こしやすいとされる成分は

  • アルカリ剤
  • ジアミンなどの酸化染料
  • 過酸化水素

この3つの成分に肌トラブルを起こす人が一番多いと言われています。

かゆみや炎症など皮膚炎を起こしたり、中には重篤なアレルギーを起こす人も。
アレルギー症状が出ていても繰り返し使っていて、重い症状になる人もいます。
一度アレルギーが出たら、その成分が入っているヘアカラーは使わないようにしましょう。
参考:日本ヘアカラー工業会公式サイトより

ヘアカラートラブルのリスクを上げるもの

普段の体調とは違う状態の時で特にヘアカラーでトラブルを起こしやすい時があります。

  • 病気の時や病後間もない時で体調がすぐれない時
  • 生理中
  • 妊娠中

体調が悪い時は、皮膚も敏感になっているので、ヘアカラーは控えて下さい。
通常よりアレルギーなどの肌トラブルを起こしやすく、一度アレルギー反応を起こした成分はその後使えなくなってしまいます。

安全なノンジアミンのヘアカラーでおすすめは?

ノンジアミンの白髪染めはヘアマニキュア、カラートリートメント、ヘナがあります。
ヘアマニキュアはベンジルアルコールが含まれているので、安全とは言い切れません。
そして、ヘアマニキュアの場合、地肌に付くと落ちないので自宅で染めるのには適していないでしょう。
ヘナも時間も掛かる上、髪がパサパサになってとても手入れが大変です。
一度使うと色が濃く入ってしまい、他のカラーが入らなくなってしまいます。ヘナもよほどの覚悟がある場合でないとおすすめはできない方法です。

安全で使いやすい白髪染めトリートメントやカラートリートメントがおすすめです。

  • ジアミンなどのアレルギーを起こしやすい成分を使っていない
  • 種類も豊富でドラッグストアやネットで手軽に買える
  • 入浴時に使えて手軽

地毛の色より明るくできないのがデメリットですが、美容院の併用もできます。
たまに酸化染毛剤のヘアカラーを使って、つなぎにカラートリートメントという使い方もできますね。

カラートリートメントの選び方

カラートリートメントは、とても多くの製品が出ています。
それぞれ、独自の特徴を打ち出していて、特に白髪世代の悩みに寄り添った成分を配合しているものが多くあります。
髪の毛のハリやボリューム、毛染めの繰り返しでダメージを受けた髪の保護など、染めるだけでなく、美髪効果を謳ったものが多くあります。

選ぶ時には、その特徴としている成分が求めているものかで選ぶのもいいですね。
早染めタイプかどうか、無添加成分は何か、成分表で問題が無いかなどで選んで使ってみるのがおすすめです。

市販で買えるカラートリートメントは種類が少ない

安全なカラートリートメントですが、ドラッグストアで買える比較的金額の安いものの中には、ジアミンを使ったものもあります。

そして、ドラッグストアなどの市販で買えるものは種類が少なく、限られた製品だけになってしまいます。
それに比べて、ネットでは更に多くの質の良いカラートリートメントを買うことができます
ぜひ比べて試してみて下さい。
キャンペーンなどやっている場合が多く、市販品よりお得に安全に試せますよ。

ノンジアミンで髪と地肌に優しく、傷んだ髪をつるんつるんにすると話題のブラトリの記事も参考に見て下さいね。

カラートリートメントのおすすめの使い方

カラートリートメントはヘアカラーとの併用ができます。
自分の好みに合わせて使い方を変えることができるんです。

カラートリートメントだけ

地毛より明るいカラーでなくてもいいという人は、白髪染めトリートメントだけ入浴時に使うことで、美容院に行く時間とお金を節約できますね。
使い始めの最初だけ3日位入浴ごとに使い、しっかり染まった後は週に2~3回使うようにすれば、楽に安全にキレイなカラーをキープすることができますよ。

カラートリートメントと美容院併用

明るいカラーが好みの場合、併用することで、色んなカラーを楽しむことができます。美容院で2~3か月ごとに染めるつなぎに使うのもとてもおすすめです。
ヘアカラーの頻度を減らして、髪と地肌を労わることができます。
その場合は、自宅でカラートリートメントを使う場合、根元の白髪が伸びてきたところだけ染めるようにしましょう。
全体を毎回染めてしまうと、色が暗くなり過ぎてしまい、美容院で明るくなりにくくなってしまいます。

それぞれおすすめのタイプとは?

  • 地毛の色を活かしたい人はカラートリートメントのみ
  • 地毛より明るい色やハイライトなども楽しみたい人は美容院とカラートリートメント併用

をおすすめします。

まとめ

安全なヘアカラーを使って、髪と地肌にいい毛染めを楽しみたいですね。
カラートリートメントはとても扱いやすく、初めての人にもおすすめのアイテムです。
ジアミンを使ったヘアカラーと違って、ツンとした匂いもしません。
安全なヘアカラーには一番のおすすめです。

ジアミンを使っていないだけでなく、ジアミン、鉱物油、紫外線吸収剤、硫酸系界面活性剤、キレート剤、タルク、パラベン、アルカリ剤、合成着色剤の9種類の添加物を使っていない安全で髪への栄養がたっぷり詰まったカラートリートメントの記事も是非参考にして下さい。

安全なので、根元からしっかりと塗れて、手で塗れるとっても安心なカラートリートメントです。

コメント