白髪染めトリートメントのデメリットとは?失敗する人のNGな使い方5例

白髪

白髪染めトリートメントは髪と地肌に優しく、美容院で染めるより手軽なため、利用する人がとても増えていますね。
一方で、白髪染めトリートメントのデメリットを口コミやレビューで目にすることもあります。

デメリットで一番多く聞かれるのは、染まりにくいという声です。他には浴室などが汚れる、色落ちする、明るい色に染められないなどです。

白髪染めトリートメントのデメリットは確かにありますが、それは使い方にも原因があるのをご存じですか?
なぜ白髪染めトリートメントで失敗してしまう人がいるのか、デメリットを引き起こしてしまうNGな使い方を例にわかりやすくお伝えします。

 

白髪染めトリートメントのデメリットとは?

白髪染めトリートメントと色見本

白髪染めトリートメントのデメリットとして挙げられるのは

  1. 一度で染まりにくい
  2. 染まり上がりにムラがある
  3. 浴室が汚れる
  4. 色落ちする
  5. 地毛より明るい色には染められない

この5つが白髪染めトリートメントの不満として耳にする代表的なものです。

白髪染めトリートメントは、短時間に染まり、入浴時に使えてとても人気があるカラートリートメントです。

しかし、白髪染めトリートメントは酸化染毛料と呼ばれる染料で、髪と地肌には優しいのですが、従来よく使われてきた白髪染めとは性質が全く異なります。

白髪染めトリートメントの成分と特性を分かって使えば、ダメージも少なくて経済的で手軽に使えていいことづくめですね。デメリットもちょっとしたコツを押さえれば問題なく使えることが分かります。

白髪染めトリートメントのデメリットは、実は失敗する使い方をしているから…という場合が多いんです。

それでは、これから失敗するNGな使い方5例をご紹介します。

 

 

白髪染めトリートメントのデメリット|失敗するNGな使い方1

 

白髪染めトリートメントは全然染まらない!

口コミなどでよく目にするコメントです。
では、どのように使っているのでしょうか。

シャワーでシャンプーして流した後、普通のトリートメントと同じように
手にトリートメントを出してそのまま濡れた髪に揉みこむだけ。

 

髪を洗った後そのままでは髪の毛に水分が残っていて染まりませんよ

 

よく聞かれる「白髪染めトリートメントは全然染まらない!」という声です。

白髪染めトリートメントは、ジアミンが入った白髪染めと呼ばれる酸性染毛剤と比べると髪の表面に色を乗せるだけなので染まり方が穏やかです。
     
そのため、髪を洗った水分がたっぷり残っている髪に使っても染料が薄まってしまい、しっかりとは染まりません。

洗髪後はしっかりとタオルドライ

 

 

シャンプ―した後しっかりとタオルドライして水分を拭き取りましょう!

     
このひと手間をすることで染まり上がりが全く違います。

 

リファインタオルドライした時としない時の比較

 

 

右がしっかりとタオルドライして染めた方で、左はタオルドライせずに染めた方です。

明らかに染まり上がりの濃さが違います。タオルドライした方はしっかりと染まっているのがお判りいただけると思います。

小さなタオルを浴室に持って行き、シャンプーして良く洗い流したら、よくタオルドライをします。
水分がよく拭き取れたら、白髪染めトリートメントを塗りましょう。

 

白髪染めトリートメントのデメリット|失敗するNGな使い方2

 

染まっているところと染まっていないところがあって困る

こちらもよく目にするコメントです。
どのように染めていますか?

 

シャンプー後タオルドライした髪に
手でトリートメントを揉みこんでいます

 

手で揉みこむと白髪染めトリートメントが塗れている所と
塗れていないところがムラに染まってしまいます。

 

白髪染め用のクシ

 

 

白髪染め用のくしで塗りましょう
だいたいまんべんなく塗れれば大丈夫!

    
簡単に白髪染め用のブラシに白髪染めトリートメントのクリームを付けて、白髪の目立つ所から順番に塗ります。
全体的にまんべんなく塗ったら、最後に髪全体をくしの部分でとかします。
こうすることでムラがなくなり髪全体が白髪染めトリートメントでコーティングされます。

 

白髪染めトリートメントのデメリット|失敗するNGな使い方3

 

白髪染めトリートメントが飛び散ったところなど
浴室が汚れるのが気になる

白髪染めトリートメントは染料なので、白い浴室内で飛び散ると材質によってはシャワーでも落ちにくいことがあります。

白髪染めトリートメントは水に弱いので
先に浴室全体をシャワーで濡らしておくと飛び散っても
落ちやすいですよ

白髪染めトリートメントの汚れは塩素系洗剤を使う

普通は飛び散って汚れてもシャワーで落ちる汚れがほとんどです。
もしシャワーのお湯を掛けて軽くこすっても落ちないようなら、浴室用塩素系洗剤を使ってみましょう。これでピカピカになりますよ。

 

白髪染めトリートメントのデメリット|失敗するNGな使い方4

 

1週間に一度染めればいいと思ったら
すぐに色落ちする

白髪染めトリートメントは何回使いましたか?

白髪染めトリートメントは、キューティクルを開いて中に染料を入れて染める白髪染めとは違い、
髪に優しい処方なので、髪の表面に染料が付き、少しだけキューティクルの中にも染料が入り込んで髪が染まります。

髪は傷みにくく、ツヤツヤになりますが、その反面、白髪染めと比べると染まりにくいのは染料の種類が違うからですね。

白髪染めトリートメントの使い始めは
3~5日位続けて使ってみて下さい

使い始めは数日間連続して使うことで、しっかりと染料が髪に入り込みます。

しっかりと染まった後は、週に1日キープのために伸びた白髪の部分を重点的に、毛先はさらっと塗って使ってみて下さい。
白髪染めトリートメントの本当の仕上がりがわかるはずですよ。

白髪染めトリートメントのデメリット|失敗するNGな使い方5

 

地毛より明るい色には染められないんでしょ?

白髪染めトリートメントは髪と地肌に優しい処方のため、髪を脱色しないで染料で染めます。

そのため、地毛よりも明るい色には染めることが出来ないんです。
白髪はもちろん明るく染まりますが、黒い毛はそのままの色で染まります。

 

白髪染めトリートメントで暗くなり過ぎるを防ぐには

白髪染めトリートメントは根元と毛先を区別

根元の白髪が出てきたところだけを白髪染めトリートメントで染めるようにしましょう

 

白髪染めトリートメントで白髪がしっかりと染まった後のメンテナンスの時期は、5日~1週間ごとに根元だけ白髪染めトリートメントで染めるようにして、2回に1回だけ毛先も塗るようにすると色が均一になります。

すでに白髪染めトリートメントで染まっている毛先の方は塗らないようにします。
そうしないとすでに染まっている所はますます染料が入って暗い色になってしまいます。

実は、このテクニックは美容師さんが使う方法なんです。
色が同じトーンで発色するようにプロはすでに染まっている部分と、新たに出てきた根元の白髪の部分とは白髪染めの塗り方が違うんです。

私達、素人は根元から毛先までべったりと塗ってしまいますが、そうすると極端に言うと、色の濃さが横じまのようになって染まってしまいます。

 
地毛の色や髪質や髪の傷み方によって染まり方は人それぞれです。様子を見ながら調節するといいですね。しっかり染まった方が良い、暗めの色の方が良いという場合は均一に白髪染めトリートメントを使ってください。

 

白髪染めトリートメントは染まり方は穏やかですが、何度か繰り返して使って髪に色がしっかり入ると、色を明るくするのが難しくなります。

白髪が目立たないくらいに染まった後は、新たに出てきた白髪の部分・・・つまり、根元だけ塗るようにしましょう。

 

白髪染めトリートメントでうっかり色が入り過ぎて暗くなってしまった!でも明るくしたい、という場合の体験記事も是非参考にしてくださいね。
     

白髪染めで黒くなりすぎた髪を明るくする方法!実際に美容室で検証

白髪染めトリートメントで明るい色にしたい場合

白髪染めトリートメントと毛の色を比較

白髪染めトリートメントは地毛を脱色しないため、元の髪の毛よりも明るい色には染まりません。

地肌と髪のことを考えて、白髪染めトリートメントを使いたいけど、明るい色が良いなという場合には、美容院の白髪染めとセルフの白髪染めトリートメントを併用するのが一番良いと思います。

髪と地肌のことを考えると、美容院での白髪染めは2ヶ月に一度におさえることが一番です。

でも、半分以上が白髪というような場合は、2ヶ月も放って置いたら白髪だらけになってしまいますね。
そこで、美容院へ行けない間伸びてしまった生え際や分け目の目立つ白髪は白髪染めトリートメントを使って染めるんです。

 

ジアミンを使っていない製品がほとんどなので、白髪染めトリートメントをたっぷり塗って生え際や分け目の地肌についてしまっても安心です。

これで、美容院へ行けない間も白髪を染めて快適に過ごせて、美容院代も抑えられるのでお財布にも優しくて嬉しいですね。

実は、白髪染めトリートメントは全てジアミンフリーとは限りません。

特にドラッグストアで売っているものの中には、添加物が入っているものもあります。

髪と地肌に優しい白髪染めトリートメントのそれぞれの製品の特長やしっかり染まる正しい使い方を是非参考にしてくださいね!

 

まとめ

白髪染めトリートメントのデメリットは、その成分由来の特性を知ることで防ぐことができるんですね。
そして、白髪染めトリートメントはたっぷり配合されたトリートメント成分の中に染料が入っているので、白髪を染めながら髪と地肌をケアできるというとてもお得なヘアアイテムなんです。

白髪染めトリートメントは、たくさんの種類があるので是非いくつか試して好みの一品を見つけてくださいね。

にほんブログ村 美容ブログ 白髪・白髪染めへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

コメント